横浜でマンション修繕工事をしたときの流れ

外装塗料は耐用年数で選んで正解

業者との間では、外壁塗装をするときにどのような塗料を利用するかを決めました。
一般的に鉄筋コンクリートで大きな建物の場合は、比較的耐用年数の長いものを利用するとされています。
耐用年数が長い塗料はそれなりにお金がかかりますので非常に迷いましたが、あることを業者から言われたとき私は耐用年数の長い塗料を選ぼうと決心したました。
何を言われたかと言えば、足場の設置にかかる費用に関してです。
例えば耐用年数が10年の塗料を使った場合は、10年後にもう一度外壁塗装をしなければなりません。
この場合足場を設置するだけで100万円位のお金がかかることになります。
20年も経過すれば、2回も塗装することになり足場の設置の回数もやはり2回となります。
合計で200万円ものお金を足場の設置に費やすことになるでしょう。
ですが、耐用年数が20年の塗料を利用すれば、10年目は塗装しなくて良いため足場にかかる費用はありません。
そして20年後にようやくもう一度外壁塗装すると考えれば、足場の設置は20年間で1回だけで良くなります。
そうすると耐用年数の短い塗料を使った時と比べたら足場の設置費用が半額で済むわけです。
結果的にフッ素系塗料と言われている耐用年数が20年ほどの塗料を使うことになり、今ではその塗料を使ったことに満足をしています。
p>

空室が増えた機会に大規模修繕工事を | 外装塗料は耐用年数で選んで正解 | 外壁修繕とセットで屋根の修繕・防水工事